循環器 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 循環器 看護師のコラム一覧

循環器のクリニックで看護師として働くということ

循環器のクリニックで看護師として働くことは、病院の循環器で働くのとどんな違いがあるのでしょうか?病棟とクリニック、両方の勤務経験から違いを検証してみました。

循環器のクリニックで看護師として働くと、「カレンダー通りのスケジュール」が組めるのが魅力!

循環器のクリニックで看護師として働くにあたり、病院との大きな違いとして「カレンダー通りのスケジュールが組みやすい」があげられます。

特に病棟での勤務となるとシフト勤務となり、毎週土日は必ず休みを申請する、ということは難しい場合がほとんどです。

仮に上層部や事務は毎週土日休みOKとして採用されたので、別扱いですが、「同じ病棟で働いているのに、私たちは希望を出せないのに、なんであの人だけいいの?」となってしまい、職場の人間関係の悪化にもつながる恐れがあります。

しかし、クリニックはほとんどのところが日・祝日はお休みであり、世間が休みであるお正月やお盆もまとまった連休が取れます。家庭がある方にとっては、このことは看護師として働く上で大きな魅力といえます。

また、夜勤がない、ということで身体への負担も軽減できます。ある程度休みがいつにあるかすでにわかるため、自分の先のスケジュールも立てやすくなる、という利点もあります。

循環器のクリニックで看護師として働くには、「患者さんへの対応力」が必要

循環器のクリニックで看護師として採用されるポイントの一つとして、「患者さんへの対応力」が非常に重要となります。

クリニックは、救急患者も受け入れている病院とは違い、街での評判が非常に重要となります。「あそこの循環器のクリニックの看護師さんは愛想がない」「忙しそうにばたばたしている」などと患者さんが感じてしまったら、他のクリニックへ行ってしまう可能性も十分にあります。

また、病院ではある程度、事務の方が患者さんのクレーム対応もしてくれますが、クリニックの場合は事務作業以外をすべて看護師が行う、というところが多く、患者さんからの理不尽なクレームなどにも対応しなくてはいけません。

患者さんに納得してもらえるように、でも他の患者さんに対しても迷惑のかからないように。そんな患者さんに対する対応力が求められるのです。

また、病棟ではほとんどの患者さんが24時間の心電図持続モニターを装着しており、モニターから異常を観察することができますが、クリニックに来院される患者さんは、すぐに心電図を付けるわけにはいきません。

「胸が痛い」という訴えの他に、放散痛によって肩や背中が痛いと言われるかたもいらっしゃったり、片方の足だけ浮腫があるなど、ご自身では循環器と思っていなくても、心臓の疾患による症状が出現している場合は多くあります。

循環器のクリニックの看護師として、「患者さんの訴えや症状に注目し、循環器の病気の発症兆候はないか、短時間で注意して観察する」こと。これが大切となります。

循環器のクリニックで看護師としてもらえる、「お給料は病棟で働くよりも一般的に低い」と考えておいたほうがよい

循環器のクリニックで看護師として働き、得るお給料は、「病棟勤務時に比べると少なくなる場合がほとんど」と考えたほうがよいです。

病棟では、夜勤をすればするほど夜勤手当が付きます。この夜勤手当による増額によって、看護師の給料は一般職に比べて高いといわれています。

一方、クリニックでは夜勤がありません。また、場所によっては平日も一日休みのため週4日勤務というところもあります。

そのため、増額となる部分がほとんどなく、結果としてどうしても病棟に比べて給料は下がってしまいます。

まれに病棟と同程度かそれ以上の給料を設定しているところもありますが、そういったところにはたいてい給料が高い理由があります。

悪い意味で、すごく忙しかったり、人間関係がうまくいかないために、募集してもなかなか定着しなかったりする、といった理由の場合があります。

また良い意味で、循環器に特化したプラスアルファの資格もしくは知識を持っているなど、就職する看護師に求められているスキルを非常に高く評価している理由の場合もあります。

そのため、もしクリニックに就職を目指していて給料も病棟勤務と同等くらいほしいとなったときには、事前に候補となるクリニックの情報収集を徹底して行うことをおすすめします。

そして、循環器に特化したスキルアップを今のうちから行っていくことがポイントとなります。

循環器のクリニックの看護師として働くこと まとめ

いかがでしたか?

今回は、「循環器のクリニック」を取り上げてみました。病棟でのシフト勤務に体力的に限界を感じた時や、家族の都合で病棟勤務を続けることが難しくなってしまった時。

「クリニックなら夜勤もないし、病棟に比べて楽そうだから大丈夫そうかな」と安易に考えて、クリニックを選んでしまうと、想像していた仕事と全く違う仕事内容や特殊な人間関係などに戸惑ってしまうことも多いです。

「こんなはずじゃなかった」

そうならないために、私たち看護師には、転職時にサポートをしてくれるサービスがあることをご存じですか?それが、「転職サイト」です。

「循環器のクリニックで、通勤時間はこれくらいで、給料はこのくらいを希望しています」など、自分の要望を伝えると、専門のコーディネーターが希望に合ったクリニックを見つけ出してくれるんです。しかも、手数料などは一切かかりません!

ぜひ、当サイトランキングの、循環器求人に強い転職サイトを、活用してくださいね。

循環器 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 循環器 看護師のコラム一覧

このページの先頭へ