循環器 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 循環器 看護師のコラム一覧

循環器の看護師の役割って?

循環器の看護師の役割とは、何でしょうか?循環器の病棟経験から、改めて考えてみました。すると、大きく分けて3つの役割が見えてきました。

循環器の看護師の役割は、「患者さんと医師の橋渡し」である

循環器の看護師の役割としてまず考えたのが、「患者さんと医師の橋渡し」である、ということです。

循環器は心臓に疾患をかかえている方がほとんどです。心臓は命に直結する大事な臓器として、世間一般にも広く知られています。

そのため、患者さんはその心臓に疾患を抱えているということに対し、強い不安を抱えながら療養されています。

医師もそのことは十分承知しており、なるべく患者さんにもわかりやすく説明するように心がけていますが、どうしても難しい単語が出てしまったり、説明がわかりにくかったりすることがあります。

その場で患者さんが、わかりにくかったということを医師に伝えられればいいのですが、忙しそうだとか、今聞いたら悪いと思ってしまい躊躇してしまう患者さんは多いです。

そして、時間がたってから看護師に「あの説明、どういう意味?」と聞いてくることがよくあります。中には、看護師にすら聞けずに、不安が増してしまう患者さんもいらっしゃいます。

そういったとき、「先生が説明されていたことは、こういう意味なんですよ」と、さらに噛み砕いてわかりやすく患者さんに伝えるとともに、患者さんが直接医師に伝えられなかった思いや考えを、患者さんの代わりに医師に伝え、必要時には再度説明の場をセッティングします。

患者さんの表情から言動から患者さんの不安に気づき、看護師が医師と患者さんの橋渡しとなること、これは循環器の看護師として非常に重要な役割だと考えます。

循環器の看護師の役割は、「医師の指示をわかりやすく患者さんに伝え、順守できるように対策をとる」ことである

循環器の看護師の役割として次に考えたのが、「医師の指示を患者さんが守れるようにフォローする」ことです。

循環器の疾患をお持ちの患者さんには、入院時にほとんどの場合「水分制限」や「塩分制限」がかかります。

医師は現在の患者さんの検査データや症状をみて、「一日何ml」「一日何g」と具体的な数値を上げて、患者さんと看護師に伝えます。

しかし、制限されるというのは患者さんにとって辛いことです。また、「何で制限されなくちゃいけないんだ」と、制限に対して理解不足の患者さんも多く、なかなか守れない患者さんもいらっしゃいます。

そういったとき、循環器の看護師としてなぜ制限が必要なのかを理解してもらい、どうしたら順守できるか考えることが、非常に重要となります。

水分が1Lだとしたら、朝に一リットルのペットボトルをお渡しして、それを一日かけて飲んでもらうようにしたり、水を氷にかえて、口の中に一つずつふくむことで、ゆっくりと水分を補給できるようにするなど、さまざまな対策を立てることで、患者さんの苦痛が少しでも軽減できるようにフォローします。

このように、「どうすれば医師の指示通りの療養を送れるか」の対策を考えることが、ポイントとなります。

循環器の看護師の役割は、「後輩を育てていくこと」である

循環器の看護師の役割として最後に考えたのが、「後輩の育成」です。

これは循環器の看護師に限定したことではありませんが、特に大きい病院の場合は、毎年新人が入り、看護師として働けるように日々先輩たちが指導を行います。

新人としては「あの先輩怖い」「今日も怒られるかもしれない」と不安に感じてしまうかもしれませんが、人に教えるということは、自分がしっかりとその内容を理解していなくてはいけません。後輩に指導するということも、また先輩たちにとっていい勉強となることが多いです。

病棟看護師としてはもちろんのこと、新人の看護師を一人前の看護師に育成するということは、看護師としての大きな役割の一つだと考えます。

循環器の看護師の役割 まとめ

いかがでしたか?

循環器の看護師としての役割についてご紹介してきましたが、循環器の疾患を持っている場合は、特に「医師の指示をいかに守れるか」が予後を左右する重要なポイントとなります。

そのため、ポイントをどう守ってもらえるようにサポートするか、そこが循環器の看護師としての大きな役割ですし、またやりがいにもつながると思います。

「でも、今の職場ではそういうやりがいとか、役割とか見いだせないんだよな」とあなたが思ったのなら、私がぜひお勧めしたいのは転職です。

看護師として働ける場所は広がっています。やりがいのない仕事をずっと続けるよりも、思い切って転職し、循環器の看護師としてのステップアップをすることが、結果として自分の看護師人生に大きくプラスになるからです。

「就職した後、結局今の職場と同じだったらいやだな」と思われるかもしれません。しかし、私たちには無料で転職をサポートしてくれるところがあるんです。それが、「転職サイト」です!

転職サイトを上手に利用することで、今の職場よりもやりがいや価値を見いだせる職場に出合える確率は飛躍的にあがります。ぜひ、当サイトランキングの、循環器求人に強い転職サイトを、活用してくださいね。

循環器 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? 循環器 看護師のコラム一覧

このページの先頭へ